[ 木の器の使用方法 ]

食器洗い機の使用は避けてください。木製品が痛むのを加速させるからです。

車のなか等の暑く、直射日光を避けてください。反の原因となります。

水で流して、布で空ぶきします。古いお寺は雑巾がけでツヤツヤ、良い味が出ています。洗ったあとに乾いた布巾で拭くと、油も全体に馴染みますし、コップの跡などの輪シミも出来ません。乾きやすくなり、カビないし水垢も出ません。

カビないように、乾燥させてからしまってください。

濡れた鉄とナラの木が反応し、木の中のタンニンが黒い斑点やシミとなり出ることがあります。(例)研ぎたての包丁を使い、しばらく重ねて置いておいた場合  濡れた釘を上に置いておいた場合など。

木が乾燥して白っぽいなと感じましたら、食べられるさらさらの油を選び、キッチンペーパーや布で全体に塗ってください。そのまま一晩放置し、吸い込まなかった油を拭き取り、また使用してください。革製品のお手入れに似ています。メンテナンスの度に艶がまして、色が深くなることでしょう。