[ 木の器の使用方法 ]
*水で流して、布で拭きます。パンなどで使用し、水で洗う必要のない場合は、ただ布で拭きます。(古いお寺は雑巾がけでツヤツヤ、良い味が出ています。洗ったあとに乾いた布巾で拭くと、油も全体に馴染みますし、コップなどの輪シミも出来ません。乾きやすく、油の膜ができてきます。)
*木が乾燥して白っぽくなったなと感じましたら、食べられるさらさらの油(えごま油、くるみ油など)を選び、キッチンペーパーや布で、全体にたっぷり塗ってください。そのまま一晩放置し、吸い込まなかった油を拭き取り、使用して下さい。メンテナンスの度に色艶が増します。

*ささくれなど、引っ掛かる箇所がありましたら、その箇所を紙ヤスリ(320番くらい)で磨いて下さい。

*食器洗い機の使用は避けてください。木製品が痛むのを加速させるからです。

*直射日光の当たる場所を避けてください。反の原因となります。

*乾燥させてからしまってください。(カビないように)

*ならの木の作品をお使いの場合ですが、濡れた鉄と反応し、木の中のタンニンが黒い斑点やシミとなり出ることがあります。

(例)研ぎたての和包丁を使い、濡れたまま重ねて置いておいた場合。鉄分の多い食品に反応した場合など。カビではありません。鉄媒染、黒く染まった状態です。

 

僕の作品でしたら”修理”承ります。

例1;カッティングボードが黒ずんできました→カンナで表面を削ってから磨き直し、油でお手入れ→¥1000

例2;お皿を落として割ってしまいました→

小さい欠けなら、なだらかに上から削る。パーツが有ればボンドでくっつけ、油で仕上げる→¥1000。

大きな欠けなら、同じ樹種の材からパーツを作り、ボンドでくっつけ、なだらかに削る。油で仕上げる→約¥2000~

大きく二つに割れた→ボンドで接着しても、強度的に治りません。

例3;漆の器 落として割れた→割れを接着、溝を埋め、ペーパーで研磨。漆塗り直し。2000円~

(修理品の送料は、お客様御負担でお願いします。豊橋市にある花屋、SakuraHanamiseまで持ち込み&引取可能であれば送料はかかりませんので気楽にお問い合わせ下さい。tel.0532-39-5470  〒440-0016 愛知県豊橋市牛川町字中郷15-1)