栗の木を木工旋盤で形作り、その後着色、染、磨いて、ニス仕上げ。ニスはオリジナルブレンドで秘密とします。

ニスが完全硬化する三ヶ月程度は、ニスの匂いがしてしまいます。

だけど、その後は匂いもなくなり、耐水性が出て、汚れに強くなります。汁物もオッケーです。

今までの木地、えごま油仕上げだと黒ずみが出る使用状況でも、この仕上げなら黒ずみません。10年前に作った試作品からの考察です。次の個展(八百コーヒー店での展示)から発表していくつもりです。

今までの彫りの皿も、制作続けていきますが、この作風の器も、料理に、暮らしにと、また使っていただければと願っています。どうぞ見て下さい。それから、ご意見あればお聞かせ下さい。よろしくおねがいします。

# #

2018-04-05

コメントを残す