カッティングボードや平らな面がある作品には、研磨機を使用しています。

今までリョービのミニサンダを、二台交互に修理したり買い替えながら使っていましたが、

同時に二台壊れてしまい、修理見積した結果、新品を買った方が良いと判断し、道具屋に行きました。

そこでお店の人の勧めもあり、今回はBOSCHのオービタルサンダーに変更しました。おーカッコイイ!

以前マキタの物があんまり満足できず、リョービは良いなと使い続けてきたのですが、

これはいい感じです。振動を殺す仕組みがあるようで、今までより静かで楽です。

そして、ホコリを吸うのです。

今までは、磨くと粉塵が舞い、この粉塵で肺がやられるなーと感じていましたが、これからは心配ないかもしれません。

頑なに同じ機種を買い替えてきたので、自分の頭が硬かったかな?と自分の行動パターンにハマっていたことに気づきました。そこで削る台も改良して、杉板を貼り、高さを変更し、仕事をしやすく環境整備しました。

転んでもタダでは起きない!なんてね。

あとは、壊れず長く使用できるか?ですね。この研磨機を買う事は、木工してる間続く事になりそうです。

今までの機械も、記念に写真撮っておけばよかったな~

 

 

2018-03-14