アートとはなんぞや?

美しいとはどんなこと?

ずっと問い続けている。

自分なりの答えを

今の考えを記す。

 

生き物には美意識がある

美しい形は構造的に強い

良いデザインの体を、魂が持つと

弱肉強食の世界で長生きできる。

美を求めるのは

生きる事

宇宙の物理法則に縛られる中、生き

在る物質の組み合わせを変えて見る

弱い組み合わせは廃り

強い組み合わせは美しいとDNAに記憶される。

常に新しい組み合わせを探る

命は競争している

それ自体がボディの更新

他の存在に抗う

自己存在の証明であり、自己存在の主張。

美を求めるのは自然なこと

死にたくない、もっと生きたいと

物質世界で体を得る

生きる事そのもの

存在に、良い悪いは無い

ただ、好き嫌いが有る

それは美意識

 

しかし

死にたくない、生きていたいと

なぜ思う?

魂世界があれば

物質世界よりソッチのほうが良くないのか?

なぜこの世界に産まれたのか?

何を求めて命を繋いでいるのか?

まだまだ疑問は多く、解けないが

美について今の所、上記のように考える。

 

 

 

 

#

2018-05-10

コメントを残す